探偵大辞典

当サイト探偵大辞典は、自由にご利用可能の興信所の用語辞典です。


調査手法のカテゴリーページ。

Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索

ホーム > 調査手法
調査手法
探偵の調査方法についての用語集です。 調査方法とは主に、依頼を達成するための必要な証拠を集めるため、依頼の対象となる人物を尾行したり張り込みをしたり、または対象者に関する情報を周囲から集めるための聞き込みなどにあたります。
探偵といえば尾行が定番になってきますが、尾行にも大きく分けると徒歩による尾行と、車や電車などの乗り物による尾行の2種類になります。 張り込みに関しましても、暑い・寒い・暗い・狭いなど、時間や環境や状況によって、色々作用されるとてもシビアなものです。

調査の手法を知ることが、何故必要なのか?疑問を感じるかもしれません。
調査手法を依頼者が知るということは、探偵の調査がどういった手段で行われているのかを知るということです。それは、自身が安心して調査を探偵へ依頼するために必要なことです。

何故安心して依頼をすることに繋がるのかと言えば、もしも調査業者が集めた情報が、法令に違反する手段を用いていた場合に、依頼者も罰則を受ける危険があるのです。
当然のことですが、一般的な探偵事務所、興信所は、法令違反をしない範囲でしか調査をしません。しかし、悪質な調査業者ではしばしば、法令に違反するギリギリの調査をしていたりすることがあり、依頼人は調査の手法についての知識と、どういった手法が法令違反になるのかを把握しておくことで、悪質な業者へ間違って依頼をしてしまう事を防ぐことが出来ます。
調査の手法を確認して、正しい調査を行う探偵へ依頼をしなくてはなりません。
尾行
  徒歩尾行
  車両尾行
  バイク尾行
  電車尾行
  自転車尾行
  タクシー尾行
  バス尾行
  船舶尾行
張り込み
  立ち張り
  車両内張り込み
  張り込み場所
  張り込み時間
聞き込み
  電調
  電話での聞き込み
実地
  現場での聞き込み
  ローラー作戦
潜入調査
  下見調査
  予備調査
データ
  データ調査
車両位置確認調査