探偵大辞典

当サイト探偵大辞典は、自由にご利用可能の興信所の用語辞典です。


調査の種類のカテゴリーページ。

Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索

ホーム > 組織・団体
調査の種類
探偵が引き受ける主な調査依頼の種類についての用語集です。探偵と言えば浮気調査が一般的によく知られていますが、他にもさまざまな調査を引き受けています。
個人的な調査だけでなく、企業信用調査など法人向けの調査依頼などもあります。探偵だけで仕事が完結するものが多いですが、中には弁護士や警察関係など、他職業の方の協力のもとで成立する調査依頼もあります。
様々な調査内容を知っておくことによって、自分の悩みや問題を探偵に依頼して解決できるものなのか、推測することができるようになります。

浮気調査と素行調査で、どちらで依頼をすればいいのか悩む人がいます。その理由として、探偵の浮気調査では、「浮気の証拠を集める」ことが目的で、素行調査では、「調査対象者の素行を調べる」ことが目的の調査になります。
この2つで何が違うのかといえば、目的、結果に大きな違いがあります。
例えば、パートナーが浮気や不倫をしていることが、依頼者自身の調査で判明しており、浮気相手とパートナーが会っている証拠を集めようと考えた場合には、探偵へ浮気調査を依頼します。
しかし、浮気をしているかもしれない…。浮気をしているとは確証が持てない場合には、素行調査で「浮気をしているかも知れない証拠」を調査してもらうことが出来ます。

以前までは、浮気調査と素行調査で基本料金が違う探偵事務所、興信所が多かったのですが、最近ではパック料金を設定する事務所が増えたことで、2つの調査に料金の差はなくなってきました。
しかし、全ての探偵事務所がパック料金を設定しているわけではないので、調査の種類と、自分がどんな目的があって調査を依頼するのかハッキリとさせておく必要があります。
調査
浮気調査
素行調査
盗聴盗撮発見調査
連絡先調査
企業信用調査
個人信用調査
家出調査
車両調査
勤務先調査
婚前調査
資産調査
身辺警護調査
特殊調査
犯罪調査
いやがらせ調査
ペット捜索調査
出身地調査
  差別調査
科学鑑定調査
  DNA鑑定
  声紋分析
  筆跡鑑定
  指紋鑑定
無料公開調査
海外調査
調査報告書
  報告書
  写真
  地図
  DVD・ビデオテープ
  データCD