探偵大辞典

当サイト探偵大辞典は、自由にご利用可能の興信所の用語辞典です。


「離婚訴訟」の解説ページ。


Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索

ホーム > 離婚関係 > 離婚訴訟
離婚訴訟        

・離婚訴訟の意味

判決を受けて離婚を成立させることを目的とした裁判手続きのこと

離婚訴訟の概要

離婚訴訟は、民事訴訟に分類され、その中でも家族関係の紛争を解決する人事訴訟と呼称される場合がある。そもそも、訴訟とは、法の下で紛争の当事者以外の第三者に入ってもらい、紛争を強制的に解決に導く手続きのことである。離婚訴訟離婚調停が不調に終わった場合のみ、家庭裁判所に提起する事ができる。
離婚訴訟は離婚裁判と同じ語彙として扱われる場合がある。

離婚訴訟の起こし方

  <必要書類>
  離婚請求を求める訴状 2通 (請求の趣旨、請求の原因を明記)
  戸籍謄本、調停不成立証明書

 1.原告(訴訟を起こす側)が必要書類を用意し、裁判所に提出
 2.裁判所が、訴状の1通を呼出状と共に被告に送達
   注意書きの書かれた警告書も送付される。
 3.被告が、「答弁書」を提出。
 
裁判所に、指定された期日より、裁判が始まる。