探偵大辞典

当サイト探偵大辞典は、自由にご利用可能の興信所の用語辞典です。


「盗撮発見器」の解説ページ。


Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索

ホーム > 盗撮関係 > 盗撮発見器
盗撮発見器          

・盗撮発見器の説明
無線盗撮器から発せられる電波を検知し、発見するもの。
又、発見器が発光し、カメラのレンズの反射を確認する発見器も存在する。

盗撮発見器の概要

盗撮器は、盗聴器と若干異なり、記録媒体への録画需要が多く、有線タイプのものも多く出回っている。無線盗撮器の場合、無線盗聴器同様、盗撮器から発せられる電波でその存在を発見することが出来るが、有線タイプの場合、カメラのレンズの存在を利用し、赤外線の発光に対する反射で発見することもできる。

盗撮発見器の目的

盗撮発見器を使用することにより、盗撮器を発見、もしくは設置しされていないことを確認し、日常生活を安心して過ごすことが出来る。企業においても、情報漏えい等の危険を察知し、すばやく対処することが出来る。

 盗撮発見器レンタル