探偵大辞典

当サイト探偵大辞典は、自由にご利用可能の興信所の用語辞典です。


「盗撮発見講習」の解説ページ。


Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索

ホーム > 盗撮関係 > 盗撮発見講習
盗撮発見講習          

・盗撮発見講習の説明
盗聴器及び盗撮器発見業を開業しようとしている人や盗聴器、盗撮器発見に興味を持つ人又、自己防衛の為に盗聴器、盗撮器発見の技術を身につけておきたい人に向けた、学科講習と実技を教える講習。

盗撮器発見講習の概要

盗聴だけでなく、CCDカメラや記録媒体の小型化、精度の向上により、盗撮器も現在かなりの数流通している。自己防衛の意味での盗撮器の発見、又盗聴器発見業の付加として、盗撮器発見に関する知識、技術を学ぶ為の講座である。
講座も講座の内容も、開講している業者により様々で、通信教育でテキストのみの講座を開講しているものから、マンツーマンでの指導をしてくれるところ、学科だけでなく実技講習まで行っているところ、開業までのステップまで講義内容に入っているところ等、お手軽な価格の講習から高額な講習まで様々である。

盗撮器発見講座の目的

講座受講により、「盗聴器だけでなく、盗撮器を自ら発見する知識と技術を身につけること」を目的にしている場合が多いが、規制や、規定がないため、講座の内容は、開講業者次第となっている。(盗聴器発見だけの講座も存在する)よって、講座受講希望者自信が、自分にあったカリキュラムと受講費の講習業者を見つける必要がある。

 盗撮発見学科講習
 盗撮発見実技講習