探偵大辞典

当サイト探偵大辞典は、自由にご利用可能の興信所の用語辞典です。


「アナログ盗聴」の解説ページ。


Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索

ホーム > 盗聴関係 > アナログ盗聴
アナログ盗聴           

・アナログ盗聴意味

アナログ盗聴とは、盗聴した会話や音をアナログ信号(音声そのままの状態)で送信するもの

アナログ盗聴の概要

今まで広く流通していた無線式の盗聴器の事。周波数は140MHz〜400MHz帯(VHF・UHF)に集中しており、広帯域受信機で受信できる。盗聴器から発信している電波は、普通100m〜200m程度、マンションの上層階等の障害物の少ない場所に設置されている場合、1〜2km程度離れていても受信可能な場合がある。