探偵大辞典

当サイト探偵大辞典は、自由にご利用可能の興信所の用語辞典です。


「盗聴発見学科講習」の解説ページ。


Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索

ホーム > 盗聴関係 > 盗聴発見講習 > 盗聴発見学科講習
盗聴発見学科講習        

・盗聴器発見学科講習の意味

実際に運営している盗聴器発見業の仕事内容を元に、必要な知識をまとめた講習。

盗聴器発見学科講習の概要

盗聴器発見講習を行っているのは、殆どの場合、実際に発見業を行っている業者である。実際の盗聴発見業務を行う上で、又、自分自身で盗聴器の発見を行ううえで必要とされる知識をまとめたものが、学科講習での内容となっている場合が多い。ただ、業者の方向性により、講習内容のや、発見業に対する考え方、理論は異なり、個性的なものとなる。

盗聴発見学科講習の目的

「これが一般的です。」という講習内容は存在しないが、盗聴の基礎知識から始まり、実務に必要な盗聴器の種類、実務知識など、実技に関連した項目が講習の多くを占める。もちろん基礎的な盗聴に関する統計、盗聴犯の目的、盗聴器の入手経路等、盗聴犯といえど相手を知ることで、盗聴器の発見につながる学ぶべきことが見えてくるのである。実技を円滑に進める、又、実際業務を始めたり、自分で発見しようと考えるならば、使う機材や使う環境に適した機材選びまでも、学ぶ必要性がある。