探偵大辞典

当サイト探偵大辞典は、自由にご利用可能の興信所の用語辞典です。


「盗聴発見実技講習」の解説ページ。


Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索

ホーム > 盗聴関係 > 盗聴発見講習 > 盗聴発見実技講習
盗聴発見実技講習        

・盗聴器発見実技講習の意味

盗聴器発見における、機材を使用しての講習のことである。

盗聴器発見実技講習の概要

盗聴器発見の学科講習に併せて、実技の講習も行われる。(通信講座は除く。)実際の盗聴発見機材を使用し、実技は進められる。機材一つ一つの長所短所、又、調査環境に合わせた機材の選択など、机の上だけでは理解しきれない内容を講習内容にしている場合が多い。業者によっては、簡単な機材でしか、学科講習・実技講習を行わないところもある。それとは対照的に、色々な高度な機材に触れさせ、触れたことにより初めて知る細かな操作方法や発見時の機械の反応の仕方など充実した内容を誇る業者も存在する。

盗聴器発見実技講習の目的

机上でいくら理論や使用方法を学んだとしても、実際の盗聴器発見器を相手にした時に、上手く使いこなす(操作できる)とは限らない。実際の機材を使用することで、五感を使っての学習となりしっかり身に付けることが出来る。